【実験あり】内向型のコア・パーソナルプロジェクト作り方

協力するイメージ 場づくり

どうも、クロモジです

皆さんは「コア・パーソナルプロジェクト」を知ってますか?

「コア・パーソナルプロジェクト」とは、シャイな内向型が楽しく外向型のように活動できること

例えば私は、初対面の人と話すのが苦手です
しかし、好きなゲストハウスや旅では、出会う人と前のめりで交流できます

つまり、内向型は自分が熱中できることなら、普段苦手なことが見えにくくなるんです

もし、人生の大半を占める仕事でも同じ状態になれたら楽しいのではないでしょうか?

ということで、「コア・パーソナルプロジェクト」の作り方を考えてみました

自分のできる・経験を知る

初めに、自分の進む方向を知るために、自分を知ります

まず自分について思いつくことを書きます

  • 好きなこと・もの・人
  • 嫌いなこと・もの・人
  • 今まで楽しかったこと
  • 今までしんどかったこと

  1. 価値観(理念)
  2. 好きなこと(興味のあること・分野)
  3. 得意なこと(ついやってしまうこと・立ち位置)

『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』に価値観・好きな事・得意なことを導き出す質問集があります

『世界一やさしい「才能」の見つけ方』では自分の「才能」が見つかりますよ

方法を探しに行く様子
  • 公園づくりのワークショップ
  • フェミニズムに関してお話するイベント
  • まちづくりに関するイベント
  • 料理作ってごはん会やってみる

企画を練る様子

  1. 「やりたいこと」、「方法」を誰でも理解できるように言語化
  2. 協力してもらいたい関係者・やってもらいたいことを挙げる
  3. ①に関わることによる協力者の利益を考える
  4. 共有目標を考える
  5. *相利評価表を作って企画に無理がないか評価する

①「やりたいこと」・方法を誰でも理解できるように言語化

コンセプトや流れについて

協力してもらいたい関係者・やってもらいたいことを挙げる

チーム結成

④共有目標を考える

共有目標を考えるアイデア出しの様子

⑤相利評価表を作って企画に無理がないか評価する

相利評価表で、自分・相手・世界の利益がわかりやすく評価できるようになります

参考文献はこちら

以上、コア・パーソナルプロジェクトの作り方を事例を通じて考えてみました

では、また