内向型HSPの環境選び

幸せな様子 HSP

どうも、クロモジです

内向型は情報の多さに疲れ、HSPは五感が鋭い
そんな人間が心地よく過ごせる環境はどんなものなのか?

今回は、私の経験を踏まえてお届けしたいと思います

▼本記事をオススメしたい方

  • 今いる環境がしんどい
  • 就職する企業選び難航中の方
  • ワークライフバランスを保ちたい方

理不尽な人間関係がないか?

力を合わせる様子

人間関係は、外せない条件

HSPは自分が怒られなくても、怒られてる人、機嫌が悪い人から影響を受けてしまうんですよね
私自身、父の機嫌が悪い時は「怒ってるの?」と聞いてました

人を粗末にする人もダメです

社員のキャパを超える仕事量、残業を当たり前のように課してくる人
体調や家庭の事情への配慮がない人

パワハラセクハラなんてもってのほかです

「24時間戦えますか。」
かつてあったcmですが、人間は機械ではありません

「雇ってもらってるんだから」
なんて思う必要もないと思います

加えて、「常に全力だ。お前もやれ。」みたいな、相手にも強制するような人もダメです

健康じゃないと何もできませんからね

長時間労働ではないか?

でも、人間関係が良くても、時間が長くなるとどうでしょうか?

HSPさんは敏感で、そもそも平日5日8時間働くだけでも精一杯

加えて、残業もしくは朝勤・夜勤が入ると、生活リズムが崩れる上に情報過多でボロボロに

他にやりたいことがあっても、趣味や副業などの時間がとれず

「なんでこんなことやってるんだろう?」

なんてことにもなりかねません

生活リズムを保ち、HSPを活かせるようなやり方が必要です

自分のペースでできるか?

続いて、内向型さんに適切な環境として、自分の裁量でできるかが重要

内向型さんは少しの情報でお腹いっぱいになるのでマルチタスクは処理が追いつかず

加えて、コツコツ型でスピードを求められる仕事があまり得意ではない傾向にあります

特に、エネルギーが内側に向かい、競争より内面の探求が好きというのがポイント

ノルマを競い合うことに興味はなく、むしろエネルギーを消耗してしまいます

つまり、自分のペースで量も調整できれば、無理なく続けられるのではないでしょうか?

自分の興味のあることか?

加えて、興味・好奇心が向くことは、趣味みたいに楽にできる傾向にあります

以前、コア・パーソナルプロジェクトについて記事を書きました

コア・パーソナルプロジェクトは、自分にとって価値が感じられる、生涯かけてもやりたいこと
没頭している時は、人前が苦手なんてことも忘れられます

外向型が優位とされる世界で、外向型の仮面を被れる戦略なんです

内向型の人が、心地よくやりたいことも実現できるやり方ですね

内向型HSPは興味をマイペースでできる環境が心地いい

ストレスのない様子

今回は、内向型HSPが心地よくいられる環境についてお届けしてきました

  • 人がよくて
  • 残業も少なくて、朝勤・夜勤もなくて
  • 裁量があって
  • 興味のあること

「全部揃ってる会社・環境あるのかな?」

たしかに、私も疑問です…

「でも、なかったらつくればいいのでは?」

そんな風に考える今日この頃です

皆さんと一緒に、今後も心地いいあり方を考えていければと思います

では、また