HSPが落ち着く環境をつくる方法3つ

部屋でくつろいでいる様子 HSP

どうも、クロモジです

今回は、HSPが落ち着く環境をつくる方法3つをモノ・コトで見ていきます

シンプルな部屋の様子

まず、床に物を置かないこと

床に物があると部屋がスッキリしないし、掃除しづらくなります
特に、wifiルーターみたいなコードがごちゃごちゃしてる物だとなおさらです

私が、床に物を置かないためにやっているのは2つ

  1. 余計な収納を増やさない
  2. 壁・ドアへの吊り下げ/ひっかけ収納


順番に見ていきましょう

①余計な収納を増やさない

収納ケースのイメージ

1つ目に、安易に収納グッズを増やさないこと

折り畳めない、スペースをとり、使わず終わることが多い気がします

以下、2つの方法をオススメします

  • 物を減らし、元々ある収納に収まるようにする
  • 収納が多くない場合、1つで多機能な収納を使ってみる

必要最低限の収納でお部屋をスッキリさせましょう

足置き・椅子にもなる収納スツールです

②壁・ドアへの吊り下げ/ひっかけ収納

2つ目に、なるべく壁やドアにひっかけること

以下、私がやっていることです

  • 磁石で壁・ドアに傘やルーターをくっつける
  • S字フックをひっかけてタオルなどを吊るす

画像のような画びょうで壁に吊り下げたり

フック付き画鋲の使い方説明

S字フックに調理器具、ふきんなどを引っ掛けています

キッチンのS字収納説明

wifiはコードを束ねて、壁に貼るのがオススメ

ミニマリストあやじまさんの収納がとてもキレイですので、ぜひやってみてください

wifiの壁付収納の説明

床に物がないことでスムーズに床そうじできて気持ちいいです

そうじする様子

部屋を整えたら、おそうじを欠かさないこと

私が心がけているのは3つ

  1. 時間を決めて毎日おそうじ
  2. モノを定位置に戻す
  3. ③汚した時に掃除する

順番に見ていきましょう

①時間を決めて毎朝おそうじ

毎朝のストレッチ後、やるようにしてます

朝から、スッキリしますよ

②モノを定位置に戻す

ミニマルな生活のイメージ

使ったら、すぐに元の場所に戻します

時間にもゆとりができて、忘れ物がなくなります

余分な買い物も減り、良いことづくめ

③汚した時に掃除する

汚した時に掃除します

以下、一例です

  • 流しは、自炊後に軽くタオルで拭いて水あか防止
  • お風呂は、出た後にスポンジそうじ

一気にやると面倒ですが、こまめにしておけば早く済み、キレイに保てます

整った部屋を維持してリバウンドを防ぎましょう

決めたことができたか確認しているイメージ

モノ・コトを管理できるように仕組み化して、エネルギーの無駄遣いを防ぐこと

私が仕組み化しているのは

  1. 本の管理
  2. 家計・クレジットカードの管理

順番に見ていきましょう

①本の管理

持っておきたい理由が浮かばなければ手放し、感想や情報はアプリで管理してます

理由は3つあって

  1. 近くの図書館で借りられる・取り寄せられる
  2. 本屋で立ち読みできる
  3. 電子書籍なら紙の本を持つ必要がない

▼「街に住む」という考え方が参考になります

それでも、残したい本だけ5冊ほど持っています

自分が考えたこと・フレーズを残したければ、ネット上に保存するのがオススメです

例えば『ブクログ』では、自分だけでなく色々な人の読書記録が覗けます

ブクログの紹介


家計・クレジットカードの管理

現金・クレジットカードが入った財布のイメージ

家計見直しのスケジュール化、クレジットカードルール化をしてます

次の3つのことをやっています

  1. 家計・クレジットカードの見直しを予定化
  2. クレジットカードを使う部分を決める
  3. 気安くポチらず、使った際は記録・通帳にin

順番に見ていきましょう

①家計・クレジットカードの見直しを予定化

毎月第4日曜に予定「家計・クレジット利用見直し」として設定しています

家計・クレジットカード見直しの予定化について説明

定期的に見直し、いらない支出を振り返り、使い方を改善してます

②クレジットカードを使う部分を決める

クレカを使う支出項目を決め、現金とクレカを併用しています

以下、現金とクレカの使い分けです

  • 現金 : 交通費、近場の野菜屋
  • クレカ : 魚類・米を買うスーパー、日用品、サブスクなど

①の見直しによって変えていきましょう

③気安くポチらず、使った際は記録・通帳にin

お金を貯めているイメージ

そもそも、買い物が減れば、考えて疲れる時間が減ります

使ってしまった時は、すぐに記録・通帳のポケットに使った分を入れましょう

リラックスしている様子

今回は、落ち着く環境づくりをお届けしました

  1. 床に物を置かない
  2. そうじはこまめに
  3. 管理を仕組み化・習慣化する

多くのモノ・コトも工夫して整え、自分が落ち着ける環境をつくっていきましょう

では、また